パニック障害 克服

パニック障害を克服する近道は生活環境を変えることです

 

こんにちは。パニック先輩です。
パニック障害を克服するためには生活環境をぜひ変えてもらいたいというテーマなんですが…

 

 

この記事を書いている今、世界では新型ウイルス・コロナの問題でえらい騒ぎになっています令和2年4月ですが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。ツイッターでパニック障害に悩まされている人たちとつながっていますが、コロナウイルスにより精神的にも体力的にも疲れている…といったツイートがとても多く見られます。(ツイートとは書き込み、投稿)

 

 

何事もなく普通に生活を送るのにも大変なパニック障害なのに輪をかけてコロナウイルスとか…いやになっちゃいますよね。そんな中でも克服したいパニック障害ですが皆さんはどのように克服しようと努力されていますか?努力とまで言わなくても何かしら前向きに生活されていますか?

 

 

私はパニック障害と20年以上付き合って生活を送っていますがようやく頓服(とんぷく)を持ち歩くだけで薬は飲まなくても生活を送る事ができるようになりました。頓服もめったな事がない限り飲んでいません。お守り代わりになるんですよね頓服って。持っているだけで安心しますから…。

 

 

そんな20年以上パニック障害と付き合っている私ですがこんなに長く付き合わなくてもパニック障害とサヨナラできる方法はあったなと今思っています。その克服の仕方は簡単なようで簡単ではありません。上の画像のように近道はあっても険しい道のりです。様々な問題があり中々克服できません。しかし努力したりタイミングがあえば何とかなるかもしれません。

 

 

私はパニック障害歴が長いだけで医者ではありませんから科学的根拠のもとで書いているわけではありません。パニック障害を克服しようと色々勉強もしましたがが結局自分の経験と感覚でお伝えしている部分が多いと思います。そこのところは何卒宜しくお願い致します。

 

 

今回のテーマはパニック障害を克服するためには…ですが私なりにズバリ言わせてもらいますと『生活環境を変えよう』ということです。言い方を変えると『しんどかったら辞めろ』『苦しかったら休め』『逃げ出したくなったら逃げろ』…もっとかみ砕いて言えば仕事に行きたくなければ行かなくていいし、勤め先で嫌なことばかり起これば転職したらいいし、学生なら学校に行きたくなけれ休んだらいいじゃないか。主婦の方ならパート勤めが嫌になったら辞めるなり在宅ワークするなり、PTAに参加するのが嫌なら行かなかったらいいし、もっともっとかみ砕いて言いますと…今住んでいる所がストレスになるならストレスの少ない人ともあまり接しなくていい田舎に引っ越ししたらいいんじゃないか、ということです。

 

 

ね?簡単でしょ?

 

 

冗談です…簡単なわけないですよね。

 

 

パニック障害の克服への近道をダラダラと書いてきましたが裏を返せばパニック障害って『ストレスと疲れ』から発症する可能性が高いということを私は言いたいんです。お医者さんやパニック障害に詳しいブロガーの方たちの話を沢山聞いてきましたが、最終的にたどり着くのはこれでした。私自身、パニック障害になる前の症状は仕事の疲れ(寝不足)から来ているものでした。詳しくはパニック先輩ブログ|自己紹介に書いてあります。

 

 

皆さんのパニック障害になってしまった最初の原因て覚えていますか?おそらくいきなりパニック障害になりました。という方っておられないんじゃないでしょうか。何かしら身体的、精神的なトラブルがあってのパニック障害ではないでしょうか。私が思うに皆さんそれぞれ家庭環境が違いますし生活スタイルも違いますが『精神的疲れと体力的疲れ』が根本的にあったという所は共通しているのではないでしょうか。学生もそうでしょうが社会人になれば人とのつながりは切っても切れない関係にありますよね。組織にもまれるとストレスだらけです。パニック障害は100人に1人発症する病だといわれています。現代病と言えるんではないでしょうか。ですからパニック障害を克服するには根っこに潜んでいる『ストレスと疲れ』を取ってやることが克服の第一歩となると思います。

 

 

生活環境をどうやって変えたらいいのか?

 

 

パニック障害を克服するために生活環境を変えよう!っていったいどのように変えたらいいのでしょうか。簡単なことではないでしょうが一つ例を挙げるなら、『都会の生活を離れ田舎暮らしをする』なんていいんじゃないでしょうか。テレビやSNSなんかでたまに見かける『田舎暮らし』

 

 

『家族の一人が精神的に病んでしまい思い切って都会を離れ田舎暮らしにしたところ症状が良くなり元気になりました』なんて病の克服話は皆さんも見かけたことがあるんじゃないでしょうか。これってとても理にかなっている方法であり当然の結果だと私は思っています。できれば私もしたかった方法ですが中々できませんよね…

 

 

ひとり暮らしならストレスの少ない場所に引っ越しできる可能性もあるんでしょうが家族がいると中々簡単なことではありません。しかし夢を持つことはできます。将来落ち着いたら自然の多い田舎暮らしするんだと…かなわない夢ではないなら毎日の生活にも活気が出てやる気になりませんかね?私も将来パニック障害を100%克服するために広島県の田舎の方に移住しようかなとひそかにたくらんでおります。

 

 

移住は無理でも身近にできる生活環境の変え方

 

 

パニック障害を克服するためにできるだけ『精神的疲れと体力的疲れ』を取ろうというのが私の考えなんですがそんなに簡単に環境を変えてストレス社会から抜け出すことはできません。できる方はぜひ今すぐにでもライフスタイルを変えてもらいたいんですが、そうでない方は身近な所からチャレンジしてみませんか?

 

 

仕事を持っている、仕事はしていかなければならない、しかし今の環境は苦痛で仕方がない…とおっしゃる方はとても多いんではないでしょうか。そのような場合は思い切って転職されてみるのも気分転換になっていいんじゃないでしょうか。しかも余裕ががあるなら今までやってきたジャンルとは全くかけ離れた仕事を探してみるのもありかもしれません。

 

 

「そんな簡単に転職できるかよ」と聞こえてきそうですが環境を変えなければ何も変わらないのも事実です。パニック障害の方は安定剤などの薬を飲まれている方も多いでしょうが、薬を飲みながら仕事を頑張るのももちろんありありなんですが、薬でのパニック障害克服はすごく時間がかかる(長い年月がかかる)と私の感覚ですが思っています。薬を飲みながらストレスの少ない環境に持っていくのが克服の近道だと思います。

 

 

無理して頑張りすぎるとパニック障害からうつ病になる人も多いと聞きます。『無理をして頑張る、努力する』ことは日本人らしい素晴らしい事で悪いことではありませんが病にかかってしまうと意味ありません。パニック障害を克服したいんだと思うのでしたら少し頑張るのをやめて無理のない仕事についてみてはいかがでしょうか。

 

 

引きこもらないで太陽を浴びよう

 

 

パニック障害になると外に出るのがおっくうになったりするものです。症状の重い軽いで様々ですが基本外に出て人とのコミュニケーションを避けがちになったりします。買い物にスーパーに行ったり、バスや電車も乗らないようになったりします。

 

 

このような時期は無理はしなくていいと思います。症状が軽くなってから苦手な場所に少しずつ行く訓練をしたらいいとお医者さんも言われていました。しかし一日中家の中に引きこもるのはマイナスだと思います。外に出て散歩できるなら町をウォーキングしてみたり、ベランダに出て太陽を浴びるのもいいでしょう。とにかく病を克服するんだとポジティブにライフスタイルを送りましょう。

 

日光浴の効果

 

太陽の紫外線を浴びることによって体内にビタミンDが成形され骨が強くなります。(紫外線の浴びすぎは注意)
太陽の光を浴びると『セロトニン』が分泌されます。精神を安定させ幸福を感じさせる作用があります。

 

パニック障害になりやすい人の特徴とは

 

何をするにも80点を目標に

 

 

パニック障害を克服するために何をするにも80点ぐらいに設定するのもいいかもしれませんね。頑張りすぎない、100点を目指さない、のんびり生活を送るということです。

 

パニック障害になりやすい人

  • 女性がなりやすい、男性の3倍
  • 不安や恐怖心の強い人
  • 仕事や家事などで精神的に疲れている人
  • 何をするにも100点を目指す完璧主義の人
  • 正義感があり何事にも頑張る人
  • 喫煙者
  • アルコール、コーヒー好きの人
  • 肉体的に疲れている人
  • ストレスがたまっている人

他にもありますが代表的なパターンをあげてみました。この中で『何をするにも100点を目指す完璧主義の人』に注目してみました。

 

 

完璧主義の人とは何事にも100点を目指す人と簡単に思いがちですが掘り下げていくと最もパニック障害になりやすい人の特徴にあたると思うんです。

 

完璧主義とは?ウィキペディア

 

周りの人には負けたくない、自分が決めたゴールに向かってひたすら頑張る、80点や90点じゃ満足できず常に100点を目指す頑張り屋さん。この完璧主義の人は一見ガッツがあり精神的にも強い印象がありますがそうとは限らず神経質な人が多いそうです。細かいところまで気になり、人の顔色も気にしながら行動をとる。頑張りすぎるから精神的にも体力的にも疲れがくる。100点取れた時はいいものの、取れなかったときの反動はハンパないものが想像できますよね。ストレスもハンパなくあるでしょうし、お酒やタバコ、コーヒーなど好きな人なら…

 

 

私も含め思い当たるふしがある人も多いんではないでしょうか?パニック障害を克服するためにも頑張り過ぎない生活を心掛けてみませんか?100点じゃなくてもいいじゃないですか!1番にならなくてもいいじゃないですか。周りの人に負けてもいいじゃないですか。周りの目も気にせずマイページでいこう!タバコもお酒もほどほどに…。

 

 

笑う健康法

 

 

笑うってすごく健康にいいってご存知ですか?『パニック障害を克服したい、精神的にまいっているので生活環境を変えたい』と多くの方の悩みの解決策の1つになるかもしれません。近年医学の分野で笑いについての研究が進んでいて様々な病気の治療に役立てられています。つまり笑いは健康にいいと科学的に証明されているんです。

 

 

笑うことによりNK細胞が活性化されます。NK細胞とはがん細胞や細菌に感染した細胞を死滅させる力を持っています。すごいですよね?結果、笑えば笑うほど体の免疫力がアップして健康的な強い身体になっていくということです。

 

笑うことにより自律神経のバランスがよくなります。ストレス増加により脳の温度が上がりますが、笑うことにより脳の温度を下げるためにストレスホルモンの分泌を抑えてくれます。ストレス社会で毎日イライラしてしまいますが、笑う時間、笑えるような環境を確保したいですね。

 

笑うことにより脳の活性化にも効果があります。ストレスは脳を興奮状態にしてしまい脳細胞が酸素不足になってしまいます。笑うことによ大量の酸素が送り込まれて脳細胞の活性化につながります。

 

また笑い療法で糖尿病患者の血糖値を下げる働きや、リウマチ患者の痛みを軽減させる働きがあると報告もされているみたいです。パニック障害やその他の精神的な病を克服中の私たちにとって笑うこともおっくうになることもあるでしょうが、笑える環境を意識しながら生活していきたいですね。

 

 

買い物に行きたくない場合の対処法

 

 

パニック障害は克服したいが中々難しい…電車やバスに乗った時にパニック発作がきそうで怖い。特にスーパーなどに買い物に行くのが苦痛だ…とおっしゃる方も多いのではないでしょうか?生きていくためには食べていかなければなりません。トイレットペーパーやゴミ袋なども必要ですよね。

 

 

パニック障害を克服するために苦手な場所にわざと行くという療法があります。少しずつ少しずつ慣らしいく療法です。この療法はとても効果的で克服の近道の1つであると私も思っています。しかしこの療法は症状が軽くなってきた人は頑張れるでしょうが、症状が重い人にとっては逆効果になると思います。症状が重い人、買い物に行きたくない、行けないと言う方は正直頑張らなくていいと思っています。

 

 

じゃあ買い物に行かなくてどのように生活していくんでしょうか。家族がおられる人なら家族に協力してもらうこともできるでしょう。しかしひとり暮らしなど協力者がいない場合はどうしたらいいでしょうか。

 

 

配達してくれる業者さんに頼む

 

昔からありますが食品を配達してくれる業者さんを活用しましょう。ひとり用、2人用、3人用、4人用と必要な食品を注文できます。発泡スチロールでできた保冷箱で届けてくれますので玄関まで出て対応しなくても玄関口に置いておいてくれますから人との対応が苦手な人にもバッチリだと思います。

 

 

食品以外の生活必需品はどうしたらいいのでしょうか?この場合も配達してもらいましょう。ネット社会の現代すべてのものをネットで購入することができます。こちらの場合も配達員の方と顔を合わさずに受け取ることも可能です。宅配ボックスに入れておいてもらえば人と会うことはありません。

 

 

宅配ボックスがない!この場合はなんと、宅配ボックス売っています。折りたたみ式の物、しっかりとした作りの立派なもの、大小様々な大きさのものまで沢山ネットで買えますよ。

Yahoo!ショッピング引用

 

これが自分で購入して玄関口に置いておく宅配ボックスです。ワイヤーなどで盗難対策されており中身の商品を取られないように鍵をかけれるように設計されていたりします。
食品など保冷を要する場合は専門業者さんに。その他の生活必需品は宅配ボックスを用意すれば人との対応もせず必要なものを手に入れることができますね。
パニック障害を克服するために無理くり努力するのもありなんでしょうが、ボチボチ無理せず克服しようと思われる方は買い物も『行かずに買う』を実践されてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

この先は工事中のため更新をお待ちくださいませ。おすすめ記事をどうぞ。

page top